沖縄県民に愛されるアイスクリームの名店!ブルーシール牧港本店

あなたは、アメリカ生まれ、沖縄育ちのアイスクリームの名店「ブルーシール」をご存知ですか?

はじまりは1948年。

現在のうるま市の米軍基地内に、当時、沖縄に駐留する米軍関係者に乳製品を供給するため、アメリカに本社を置くフォーモスト社が店をはじめました。

その後、米軍基地から現在の本店である浦添市牧港へと拠点を移しました。

アイスクリームは高価な食べ物であったにもかかわらず、店は大繁盛。

今では沖縄県民から絶大な支持を集めるアイスクリームの専門店となったのです。

今回はそんな歴史を持つ、ブルーシール牧港本店へお邪魔しました。

内装がレトロでおしゃれ

20160708b
店内に入って目についたのは、レトロでおしゃれなアメリカンスタイルの内装。

1960年代のショップを再現しているそうです。

カウンターには軍服を着たアメリカ人の人形まで置かれてあります。

壁に飾られている絵やイラストも、昔のハリウッド映画に出てきそうな雰囲気で、観光客でも楽しめますよ。

とにかくアイスの種類が豊富

もちろん、メインのアイスクリームも文句のつけようがないくらいにおいしいです。

毎月10日と20日はビッグディップデーということで、牧港本店をはじめとする計8店舗では、シングルの価格でトリプルアイスが楽しめます。

今回は運よく20日に訪れたので、もちろんトリプルにしてもらいました。

アイスクリームは限定フレーバーに加え、常時25種類以上そろっているので、どれにしようか迷います。

限定フレーバーや沖縄ならではの味が楽しめる

沖縄県民に愛されるアイスクリームの名店!ブルーシール
私はショコラクッキースワール、塩ちんすこうと、限定フレーバーを選択。

塩ちんすこうは、ちんすこうの粒がアイスの中に入っていて、濃厚なバニラ風味でした。

定番のバニラやチョコレート味があるのはもちろんのこと、琉球ロイヤルミルクティー、沖縄田芋チーズケーキなど沖縄ならではのフレーバーがあるのがうれしいです。

限定フレーバーは、キウイ、バナナ、オレンジのマーブルで、さっぱりとしたシャーベットでした。

他にも期間限定・数量限定のフレーバーがどんどん登場するので、あなたが店舗を訪れたとき、何味が出ているのか楽しみですね!

夫は、シークヮーサーシャーベット、パインソルベ、マンゴーの3種類を選びました。

フルーツ系のフレーバーはシャーベットのようなさっぱりとした舌触りで、バニラやチョコレート系は濃厚なアイスクリームでした。

今回はカップのアイスを選びましたが、コーンを選択することもできますよ。

持ち帰り用アイスやフード、スイーツもそろう!

牧港本店では持ち帰り用のアイスも売られているので、地元の人がよく利用しています。

アメリカ人のファミリーもよく出入りしていました。

アイスクリームの他にも、バーガーやホットドック、ドーナツなどのスイーツもそろっていますよ。

旅の休憩時に、ふらっと立ち寄ってみてくださいね。

ブルーシール牧港本店 公式サイト

沖縄県民に愛されるアイスクリームの名店!ブルーシール

  • 住所:沖縄県浦添市牧港5-5-6
  • Tel:098-877-8258
  • 営業時間①:日〜木 9:00~24:00
  • 営業時間②:金・土 9:00〜25:00

アクセス