幻の沖縄そば! 北谷町の謝苅そば(じゃーがるそば)のつけ麺

沖縄では「そば」と言うだけで、そのまま沖縄そばを指します。

沖縄のソウルフードと言っても過言ではないでしょう。

オーソドックスなものは、そばの上に、沖縄かまぼこ、三枚肉、万能ねぎ、そして紅しょうが。

けれども、最近はオリジナリティあふれるそばもちらほら見かけられます。 

沖縄市の北谷町にある謝苅そば(じゃあがるそば)さんのそばも新しい沖縄そばを提供してくれます。

営業時間も15時まででさらに不定休ですので、幻の沖縄そば屋。

今回ご紹介するのは、つけ麺タイプの沖縄そば。

中華麺のつけ麺は一般的ですが、沖縄そばのつけ麺は珍しいですよね! 

「はて、どんなものであろう?」と興味が沸き、早速足を運んでみました。

北谷から沖縄市に抜けるくねくね道、県道4号線沿いにあります。

看板をみると「そばじょうぐぅ~(そば通)の店」と書かれており、ますます期待が膨らみます。

期待を膨らませて、お腹が鳴るのを抑えて、いざ店内へ
 
店内は照明が落としてあり、静かで薄暗いのですが、奥に進むと窓際にカウンター席があり、その窓の向こうは、眼下の米軍基地と北谷の町が一望でき、町の向こうには東シナ海も見えます。

心憎い演出です。

快晴の日だったらさぞかし見事な眺めでしょうね。
沖縄そばマニアが通う! 北谷町の謝苅そば(じゃーがるそば)の眺め

おまちかねのつけ麺沖縄そば

つけ麺沖縄そば
メニューは、沖縄そば、つけ麺そば、骨汁、テビチそば、ライス、じゅしぃ、手羽先のから揚げ等があり、麺は細麺と生麺がありました。

つけ麺は生めんで提供されるようです。

思ったよりも、豪華!

つやつやの麺の上には、軟骨ソーキ、普通のソーキ、かまぼこ、万能ねぎ、玉子焼きと黒ゴマが載っています。

そして、卵と菜っ葉のお吸い物、とそして付け汁。麺は冷たく、おつゆは温かいようです。 

汁はまったく想像できなかったのですが、やはり想像外の濃い色。 

「美味しい!」ほんのりと甘みのある濃厚な汁が、つやつやでもっちりした生めんにとても合っています。

味は濃いのですが、しょっぱさは無く、飲み干したくなるようなおいしさ。

あぐーラー油で食欲をブースト!

20160403b
ふと、カウンターの上を見ると「あぐーラー油」なるものが置かれているのに気がつきました。

お店の方に伺うと、あぐーのラードに唐辛子を混ぜたものだそうです。 

通常の唐辛子を泡盛につけた高麗グースの代わりに使ってみてくださいとのこと。

かなりドローっとしてますが、温かい汁にたらすとさーっと溶けました。

これも、「美味しい!」辛いですが、辛さの中にももろやかさがあって、濃厚な汁にもぴったりです。

軟骨ソーキも普通のソーキもほろほろと口の中で溶けるようで、とても美味しかったです。

あっという間にいただいてしまいました。 

北谷町の謝苅そばさん、北谷近辺に行かれる方は、是非足を運んでみてください。

期待以上のお味でした。

休みは不定休だそうですので、行かれる際はお電話で確認された方が良いと思います。

謝苅そば(じゃーがるそば)

  • 【営業時間】11:00〜15:00
  • 【定休日】不定休
  • 【電話番号】098-926-1258
  • 【住所】沖縄県中頭郡北谷町吉原98-1 オーシャン店舗 3F