ついつい集めたくなる♪ オキナワみやげ代表、琉球グラス

琉球ガラスって?

琉球ガラスとは沖縄本島を中心に作られているガラス製品で、沖縄を代表する工芸品のひとつに挙げられます。

沖縄工芸品の中では歴史の浅いものの、そのバリエーションやカラフルな色合いなどから人気が高く、沖縄みやげの定番になっています。

ポピュラーなのはやはりグラスですが、他にもお皿や置物・アクセサリー・などなど・・・その種類は実に豊富で、いつもどれを買おうか悩んでしまいます(笑)

特徴

琉球ガラスの特徴というと、やはりカラフルな色合いとグラデーション。

これは、アメリカから持ち込まれた色付きの廃瓶を混ぜて作ったことから生まれたそうです。

現在は着色等でより多くの色が再現されていますが、もとはいろんな色を混ぜて出てきた色だったとは・・・驚きです。

もう一つの特徴である海の泡を思わせる白く細かい気泡やひびも、当初は低品質ゆえに生まれたものだそう。
こうした特徴を品質が向上した現在でもあえて取り入れることで、琉球ガラスの独特な美しさが受け継がれているんですね~。

マイ琉球ガラスを作ってみよう♪

沖縄本島には琉球ガラス製作を体験できる工房がいくつもあります。

せっかく沖縄に来たのならオリジナルで作っちゃいましょう!

作り方はすべて教えてくれますし、何より世界にひとつのマイ・琉球ガラスが手に入りますよ。

一番ポピュラーなのは吹きガラス工法で作る樽グラス。ぽってりした形が可愛いですし、使い勝手も良いのでおすすめです♪

もちろん難しい箇所は職人さんがやって下さるので、安心して体験できます。

ついつい集めたくなる♪ オキナワみやげ代表、琉球グラス

赤い方が手作りです。

比べると口のあたりが歪んでますが、これぞ手作りの良さ(笑)!

夏になるとコレで梅酒ロックを楽しんでます(泡盛はあまり飲めないので・・・泣)。

自分用なら作家系もおすすめ

空港や繁華街のお土産店などでよく見かけるリーズナブルで可愛い琉球ガラスも好きなのですが、自分へのお土産やお祝い事等の贈答用としてぜひおすすめしたいのは、作家さんの手掛けた琉球ガラスです。

その中から実際使っているものをご紹介。

「ガラス工房清天」のモールグラスです。

ついつい集めたくなる♪ オキナワみやげ代表、琉球グラス

ゆらゆらと揺れる波を思わせるモール状の凹凸がなんとも素敵。

飲み物を入れると更にきれいなんですよ♪

しかも厚手に作られているので丈夫で持ちやすく、使い勝手も抜群です。

この工房では廃瓶を再生ガラスとして使用する昔ながらの製法が取り入れられているそうです。

再生ガラスならではの少しくすんだ色合いがぬくもりを感じさせる、素敵な作品がたくさん揃っていますよ。

ほかにも琉球ガラス作家さんはたくさんいらっしゃいます。

それぞれ個性的で洗練されたデザインが多く、見ていて楽しいものばかり♪

自分用の逸品に作家さんが手掛けた琉球ガラスを選んでみてはいかがでしょう・・・?