どこへ行っても『さんぴん茶』

本土だと、食事のお供はやはり緑茶が多いのではないでしょうか?

そして、遠足や運動会は、やはり麦茶が一般的。

そして、喫茶店やレストランで出てくるのは、やはり圧倒的にお水ですよね?

でも、沖縄だと、食事のお供も、遠足も、運動会も、喫茶店でも、そして、よそのお宅で出されるのも「さんぴん茶」である確率がとても高いのです。

さて、さんぴん茶とは何でしょうか? 

沖縄の特産のお茶でしょうか?

「さんぴん茶」は、いわゆるジャスミンティーです。

「さんぴん茶」もう名前からして、なんだかわからない感じですよね?

「さんぴん」なんて植物あったかな?って考えてしまいますよね?

実は、さんぴん茶はジャスミンティーです。

そうです、あの中華料理店に行くと出されるお茶です。

中華料理店ですと、いかにも中国といった感じのポットに入って温かいものが提供されますが、沖縄ではホットもアイスも両方あります。

ポットじゃなくて、ペットボトルでも、缶でも、神パックでも、、ティーバッグでも、緑茶みたいに袋に入っても売られています。

とにかくどんな方法でも飲めるようにして売られているので、それだけ需要が高いということです。

なぜ、ジャスミンティーと呼ばないのでしょうか?

沖縄で高い消費量を誇るさんぴん茶ですが、やはり原産地は中国の福建省のものが多いようです。

そして、中国語ではジャスミンティーを「香片茶(シャンピェンチャー)」と言うそうで、その香片茶 シャンピェンチャーが訛って、「さんぴん茶」になったそうです。

確かに、シャンピェンチャーより「さんぴん茶」の方が発音はしやすいです。

沖縄は、昔から福建省とは縁があり、現在でも沖縄に居る中国人の方は福建省出身の方が圧倒的に多いです。

それで、さんぴん茶も沖縄中に広まったのでしょうね?

そして、昔は緑茶は高級品で、なかなか手に入らなかったそうです。

地理的に、本土のお茶の産地のほうが、中国より遠かったからかもしれません。

とにかく、さんぴん茶は人気者

筆者の周囲を見ても、老若男女問わず、みんなさんぴん茶が好きですね。

暑くても、寒くても、さんぴん茶です。

泡盛を割るのにもさんぴん茶という方もいらっしゃいます。

沖縄では、スーパーでも、緑茶よりさんぴん茶の種類のほうが多いぐらいです。

コンビニオリジナルのさんぴん茶もありますし、ありとあらゆるメーカーのさんぴん茶があります。

コカコーラさんからも発売されています。

当然、自動販売機でもどどーんと並んでいます。

お味なのですが、筆者は、さんぴん茶は確かにジャスミンの香りはするのですが、いわゆる中華料理店で提供されるものより、ジャスミンの香りは弱いと思います。色もさんぴん茶のほうが濃く、やや渋味も強いような気がします。

本土だと、ちょと澄ました高級茶というようなジャスミンティーですが、沖縄では庶民ののどを潤すとてもポピュラーなお茶です。 

種類も沢山あり、お値段もお手ごろですので、沖縄にいらしたら、是非「さんぴん茶」を飲まれてみてください。

さんぴん茶の7つの効能

ジャスミンは、ハーブの一種です。モクセイ科ソケイ属。

ジャスミンは、クレオパトラが狙った男性を落とすためにアロマの一種として使用し、中国では花茶(ファチャ)と呼ばれ、古くから不老長寿の妙薬として好んで飲まれていたようです。

まさに魅惑の花ですね。

  1. 美肌効果:ビタミンCとビタミンEのゴールデンコンビ!
  2. リラックス効果:緊張した自律神経をほぐし、集中力向上、うつ予防に効果があります
  3. ダイエット効果:烏龍茶同様に、脂肪を溶解する作業があり、脂肪の燃焼を助けます
  4. 二日酔軽減:アルコールの解毒を助け、頭痛緩和に効果があります
  5. 口臭予防:強い芳香成分と殺菌のダブル効果で口臭を軽減
  6. 不妊症改善:精子の量を増加