タコスはメキシコから、タコライスは沖縄から!

皆さんは、「タコライス」をご存知ですか?

タコスといえば、世界的に知られているメキシコのファストフードですが、それをアレンジしたものが、「タコライス」です。 
タコス

ご存知のとおり、タコスは、パリっとしたコーントルティーヤのシェルに、スパイシーに味付けされたビーフ、そしてレタス、トマト、チーズ等が挟まったものに、ピリッとしたサルサソースをかけて食べ物ですが、「タコライス」は、タコスの具がご飯の上に載ったものなのです。

スパイシーなビーフは、まぁ牛そぼろみたいな感じで、ご飯に合わなくもないですが、生のレタスにトマト、そしてチーズにサルサソース。

「え? ご飯にサルサソース?」と思われるでしょうが、これがなかなか絶妙な味わいなのです。

タコライス誕生の秘話

タコライスは1984年に沖縄県の金武町(きんちょう)発祥といわれています。

金武町といえば、キャンプハンセンという、米国海兵隊の基地の目の前の町なので、主に米国軍人を相手にしたお店の多いところ。

1984年当時は、円高で、商売相手である米国軍人が外食を控えるようになったために、外国人にも食べやすく、ボリュームがありコストパフォーマンスの良いものという事で、「タコライス」が誕生したそうです。 

それ以来、米国軍人だけでなく、県民にも人気になり、沖縄では非常に一般的なメニューとなっています。

なんと、小学校や中学校の給食にもタコライスが出るそうです。

県内のパーラーと言われる屋台風のお店や、喫茶店でもタコライスは必ずと言って良いほどあります。 

お弁当や夕食にもタコライスと言うぐらい一般的

タコライス

何故にこんなにタコライスがヒットしたのかはわかりませんが、とにかく人気です。

全国チェーン店である、ほっともっとさんや、ケンタッキーフライドチキンさんにも、期間限定だったりはしますが、タコライスは登場します。吉野家さんや、すき家さんでは定番メニューとしてタコライスは常時あります。

それ以外にも、コンビニエンスストアでは、タコライス弁当のみならず、手巻きタコライス寿司やおにぎりも有ったりします。 

あとは、家庭でも簡単にタコライスが作れるように、タコライスミックス(お肉の味付けに使う)やレトルト、缶詰等の商品もそろっています。

レトルトや、缶詰のものはお土産にも良いと思います。

沖縄にいらしたら、是非「タコライス」を召し上がってみてください。